40代での妊娠・出産のリスクとは?

40代での出産率が増加している事実

少子高齢化で出生率の低下が叫ばれる中、実は国内では40代以降に妊娠・出産している女性が増えています。

 

test

 

20代〜30代での妊娠は減少傾向となる中、その上の世代では反対に数字が伸びているのです。

 

 

一般的に、40代以降の妊娠については、「高齢出産」とされ、出産へのリスクが高まる年代だとされています。

 

 

 

しかし、40代に突入したからといって、極端に妊娠する力が落ちるという訳ではありません。

 

結婚が遅くなったり、子宝に恵まれなかったりと、それぞれの家庭により事情はありますが、40代以降でも子づくりに取り組むご夫婦は芸能人などでも増加傾向にあるのではないでしょうか?

 

 

とはいえ、ある程度年齢を重ねてくると、妊娠・出産というのはそう簡単な事ではないのもまた事実です。

 

40代以降では、流産や生まれてくる赤ちゃんがダウン症を発症しているケースも少なくありません。

 

しかし、流産については、若い方でも10%程度の確立で起こりうることなのです。

 

妊娠〜出産というのは、新しい命を授かるということです。

 

そのため不安を感じない人はいません。

 

高齢出産=リスクという認識が強い中、前向きに40代からでも妊娠と向き合う女性を応援するため、当サイトでは、40代以降での妊娠・出産における注意点や対策などを御紹介して参りたいと思います。

 

実際に40代で自然妊娠できている確率はどれくらい?

 

40代 自然妊娠 確率

 

40代での妊娠・出産が増加傾向とはいえ、やはりその確率は若い夫婦と比べてばどうしても低い傾向には確かです。

 

通常、20代の夫婦が1年を通じて避妊を行わなかった場合、自然妊娠する確率は80%前後というデータが出ています。

 

対して、40代の場合、40代前半の場合で30%半ばで、40代後半になるとその確率は5%を切ります。

 

このあたりの数値は年齢的なことがどうしても大きいため、自然妊娠ということであれば、やはり40代で子を授かるというのは若い頃と比較して大変であることは数字の上でも間違いないと言えます。

 

日本人女性の第一子出産年齢上昇の理由

 

第一子出産年齢上昇

 

日本人の女性が第一子を妊娠・出産する年齢は、昭和では20代半ばだったのが、平成20年以降には30歳前後へと年齢が高くなっています。

 

このあたりは、昭和までの「男は外で仕事、女は家を守る」といった世相が大きく影響していると言えます。

 

しかし、女性の社会進出が当たり前の現在では、恋愛や結婚よりまず仕事を優先と捉える女性も少なくありません。

 

さらに近年は、「おひとりさま」に代表されるように、自分のペースで好きなことを優先して人生を楽しむケースも増加しています。

 

そのため晩婚化が進み、30代以降での第一子出産といのも本当に珍しくないことなのです。

 

さらに、高齢出産の増加へと繋がっているのが、医療技術の進歩も関係あると考えられています。

 

不妊治療も、10年、20年前と比べれば着実に医療分野での治療は進歩しています。

 

不妊症や赤ちゃんの先天異常といったことへのリスクも昔と比較して減っていることも無関係ではないはずです。

 

このようなことから、40代での出産というのは確かに若い頃と比べてリスクは高くなりますが、高齢出産への不安は年々減少していると見て良いのではないでしょうか。

 

妊活が言われる様になった背景

 

「妊活」が言われる様になったのは、社会的な晩婚化が背景にあります。

 

女性の社会進出が活発になり、平均初婚年齢も上昇しました。それと同時に第一子出生の時期も遅くなっています。

 

結婚の時期は個々人の自由ですが、妊娠が遅くなると流産のリスクが上がりますし、生まれて来る子供にも染色体に異常が起きやすくもなります。高齢出産には、そういったリスクが伴います。その回避のためにも妊活が必要なのです。

 

また、妊活は何も「子供が欲しい人」だけが行うものと考えるのは少し早計です。
普段の生活から健康面などで心がけておき、妊娠しやすい身体にしておくのも妊活の一環と言えるでしょう。

 

妊活はどういったことをするか

 

妊活と言うと、基礎体温を計ったり、行為のタイミングを計算したりすることが大切なのですが、普段から出来ることも、それに劣らず重要です。

 

妊活のベースは、とにかく健康に気を付けることから始まります。

 

例えば適度な運動は身体の新陳代謝を良くし、身体の冷えの改善に有効です。また、良質の睡眠を取ることや、ストレスに気を付けることもあります。
食事なども気を付けたい所です。
バランスの取れた食生活や、決まった時間に食事を取る生活リズムなどに気を付けることも、妊活の一環と言えます。

 

また、身体を冷やさないなども大切なことです。身体に良いことを積極的に生活に取り入れることが、妊活にも密接に繋がります。

 

近年、妊活については、有効な栄養素や有効なサプリもあります。利用するのも前進に繋がります。

 

なかなか妊娠できないとき

 

妊活を始めて行為のタイミングなどに気を付けても、それでも妊娠しないときは、いくつかの理由が考えられます。

 

第一に挙げられるのが、行為のタイミングが間違っている時、そして、身体のコンディションが良くないために妊娠しにくくなっている場合、そして何らかの疾患が原因になっている場合もあります。生活習慣などの見直しにより、妊娠に近づくことができます。

 

また、不妊症の場合も考えられます。これは避妊をせずに行為を始めて、一年以内に妊娠しない場合に不妊症と診断されますので、一年経過した段階で受診しましょう。

 

パートナーである男性の妊活と不妊治療について

 

不妊治療というと、女性にしか縁がないようなことのように思われるのですがそんなことはありません。不妊の原因、というのは必ずしも女性にあるというのは大きな間違いです。

 

実は、不妊の原因は男性にあることもあるので不妊治療は性別に関係なく行われる物です。

 

男性は妊活について、一見すると関係無い様にも見られがちですが、実はそうではありません。
統計的に見ると、不妊の原因について男性に起因することは実に25%にまで及びます。

 

ですから、妊活については男性の協力も非常に重要なのです。

 

男性の妊活について

 

男性 妊活

 

「妊活」という子どもを欲しいと思っている夫婦が子どもができるように色々と不妊治療や、妊娠しやすいようにすると言った活動がありますが、実はこの妊活は女性だけでなく男性も行うことでより効果が高くなります。

 

更には、この妊活は特に男性に不妊の原因がある場合は男性の不妊治療も兼ねて行う物なので、思ったように妊娠しないという夫婦は女性だけが妊活をするのではなく、男性も行うようにする方が好ましいです。

 

まず、そもそも男性が不妊治療をする際には男性に不妊の原因があるかどうか、と言ったことを調べることが重要となってきます。

 

単なる行為に限らず、女性と同じように、身体に対して優しい生活、運動、食事、睡眠、ストレス解消と言ったことに心がけ、実行して行くことが大切です。

 

なかなかお子さんを授からない、という夫婦は特に女性側が妊娠をするためにあれこれと工夫や努力をしているのに、それでもというケースも少なくはないです。

 

その場合、男性の方に問題があることもありますので上手くいかないときは男性も診断を受けてみましょう。

 

検査が必要なのは女性だけでは無く、男性にも必要な場合があります。
男性は検査を女性にばかり勧めるのでは無く、自分もパートナーとして一緒に検査を受けることも大切です。

 

また、妊活のサプリは女性用だけでは無く、男性用のものもあります。

 

妊活におすすめの人気サプリランキングはこちら

 

男性の不妊治療と検査について

 

まず、男性の不妊治療と検査は、産婦人科でも行うことができる他大学病院などであれば内科や泌尿器科などでも検診をすることができるところもあります。主に、男性の不妊の原因は精子や精巣の状態でなることが多いんです。

 

例えば、精子の活動量が低くて女性の子宮にまできちんと届かないし、受精しないということもあります。

 

他には、男性が無精子症になっていたりすると女性側が幾ら頑張っても意味がありません。無精子症、というのは実は現代ではそれほど珍しいことではないんです。

 

実は、精子は非常に熱に弱く例えば膝の上にノートパソコンを乗せて頻繁に仕事をしている人は、ノートパソコンの熱で精巣が熱くなってしまって、それが原因で無精子症になってしまうこともあるんです。

 

日常的にも原因が見られることなので、可能性を軽視してはいけません。

 

男女協力して行うことが必要

 

男性 不妊治療

 

『妊娠』というのは男性女性両方が努力をしなければどうしようもないことです。

 

ベースになるのは「身体と心に優しい生活」を心がけることです。
妊活は女性だけのものでは無く、言わば「共同作業」です。妊活で妊娠に漕ぎつけることは、そのまま「命」を授かることを意味します。

 

続く育児も共同作業です。

 

なので、妊娠活動というのもどちらか一人がやるというものではなく、両方が夫婦として一緒に協力していく、ということが好ましいんですね。
それが、妊娠するということだけではなく家族を形成する上でも重要です。