AMH検査

卵子の量を調べるための「AMH検査」とは

不妊治療を行なう場合に実施される検査の一つである「AMH検査」とは、アンチミューラリアンホルモン、あるいは、抗ミューラー管ホルモンの略称になります。

 

AMH検査

この検査では、ホルモンの量を測るための血液検査になります。

 

AMH検査は<保険適用外>となるため、約4,000円から10,000円くらいの費用が必要となります。

 

 

 

保険が使えないためそれなりの費用はかかってしまいますが、とても重要な検査の一つとなります。

 

AMH検査は卵子の量を調べる事ができますが、誤解してはならないのは、検査の結果、量が仮に少なかったとしても妊娠率との相関関係はあまりないとされている事です。

 

検査の結果、その数値が低い場合でも妊娠された女性はたくさんいらっしゃいます。

 

そのため、妊娠率については卵子の量より質によるものと言えます。

 

ただ、体外受精の場合は、沢山の卵子が採れればとれただけ妊娠に繋がる卵子が混ざっている確立が高くなるという考え方ができますので、採卵数と妊娠率の関係は重要である事には変わりないのです。

 

そのため、AMH検査については、体外受精を視野に入れられているのであれば、その検査結果の数値によっては早めに不妊治療を始められた方が賢明かもしれません。

 

AMH検査は未婚女性でも行なうべき?

 

卵子の量を知る事が出来る「AMH検査」ですが、必ずしも結婚していて不妊の心配をされている女性だけが対象という訳ではないと言えます。

 

なぜなら、卵子の量が少ない場合、人によっては、20代から30代のうちに「閉経」となるケースがあるからです。

 

通常このような場合、「早発閉経(早発卵巣不全)」とされています。

 

早発閉経については、現時点でハッキリと原因の解明はされていないのですが、何かしらの要因によって生まれつき卵子が作りにくい状態になってしまうのです。

 

一般的に40代に近づくと高齢出産とされていますが、早発閉経となるとそれまでに妊娠できないという事にもなってきます。

 

現在のところ、早発閉経とされる女性の数は日本国内では1%前後とみられていますが、いずれ結婚、そして妊娠をお考えであれば、AMH検査については30歳前後くらいを目安に受けられておかれた方が良いのではないかと思われます。

 

しかし、注意点として上げられるのが、仮に検査の結果、数値が低かったとしても自分自身ではその数値を上げる方法はないという事です。(質を維持する対策は可)

 

そのため気がかりな事としては、未婚で結婚の予定がまだない女性の場合、検査結果によっては結婚をためらってしまわれるケースもあると言う事に他なりません。

 

その事もあってAMH検査については意見が分かれるところであるのが実情です。

 

こればかりはご本人さんの意思や現状にも左右されますので、画一的な発言はできないところではありますので、AMH検査がどういうもので、自分にとってそれが必要な状況にあるのかどうかなどを踏まえ、検査についてはお考え頂く他ないのかもしれません。

関連ページ

不妊治療を始めるときに受ける主な検査とは
不妊治療を始めるときに受ける事になる検査について主なものをご紹介致します。
超音波検査によって見えてくる症状や問題
不妊治療において必ずといってよいほど行われる「超音波検査」 そこから見えてくる症状や問題について。
不妊治療における「タイミング法」について
一般不妊治療における最も基本となるタイミング法についてご紹介致します。
不妊治療における人工授精の流れと妊娠率について
不妊治療の一つ、人工授精について、その流れと気になる妊娠率などについてご紹介致します。
排卵誘発剤の副作用とは?
不妊治療に用いられる排卵誘発剤には副作用の心配がありますが、現在の医療現場ではどのような変化が見られるのでしょうか?