排卵誘発剤 副作用

排卵誘発剤の副作用とは?

不妊治療において、気になるものとして「排卵誘発剤」の副作用があります。

 

副作用として特に注意すべきものとしては、「卵巣過剰刺激症候群」や「多胎妊娠」になります。

 

卵巣過剰刺激症候群は、通称「OHSS」と呼ばれますが、こちらのの場合は、「ヒト閉経期尿性ゴナドトロピン製剤(通称:hMG)やhCG製剤を用いた調節卵巣刺激によって怒りやすい副作用とされています。

 

排卵誘発剤 副作用

副作用と聞くとやはあり恐怖が先に立つものですが、まず「hCG」については、現在はAMH検査でハイリスクが疑われる患者さんを高確率で見つけ出す事が出来るようになりました。

 

そのため、hCG製剤などの薬剤の使用量が多くなる治療法は行なわずに、「アンタゴニスト法」を採用します。

 

このような予防策が取れる事から、昔と比べて不妊治療における「排卵誘発剤」の副作用へのリスクは激減していると言ってよいでしょう。

 

一方、hMG製剤については、腹部への痛みや重苦しさなどの比較的軽めの症状が出る方はそれ相応にいらっしゃいます。

 

しかし、希にですが「血栓症」や「肺水腫」といった重病によって命を落とされた事例があるのも事実です。

 

卵巣過剰刺激症候群の場合、お腹の張りや体重の増加、吐き気などをもよおす症状が出てきますので、基本的にはかかりつけのお医者さんに相談し血液検査や超音波検査を受け、診断によっては入院という措置がとられることもあります。

 

軽度と判断されれば特に心配はいりませんが、必要に応じてお薬が出される場合もあります。

 

卵巣過剰刺激症候群になりやすいタイプとは?

 

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)には、実は発症しやすいタイプというのがあります。

 

  • 若い人
  • 痩せ型の人
  • PCOS(多嚢胞性卵巣)
  • これまでにOHSを経験している人

 

これらに該当する際は、hCG製剤の使用を始め、薬の使用量が多くなる不妊治療は控えられる方が良いでしょう。

 

排卵誘発剤の発ガン性はどうなの?

 

排卵誘発剤では、少なからず女性が気になるものに発ガン性という声があります。

 

発ガン性については、これまでに国内のみならず世界各国でも研究が行なわれていますが、排卵誘発剤が元で「乳がん」などが増えたというようなデータは出ていないのです。

 

排卵誘発剤 発ガン性

これまで何十年も治療に使用されているだけに、発ガン性という点については神経質になる必要はないと言えます。

 

排卵誘発剤による副作用に注意は必要ではありますが、不妊治療の安全性そのものが着実に向上しているというのも事実です。

 

今後も研究が進み、より安全性の高い不妊治療を行なう事ができるようになるのは確かですから、初期の検査やご自身の状態をしっかりお医者さんと共有し、気になることがあれば早めに受診・相談してより良い状態で治療を行なって行きましょう。

関連ページ

不妊治療を始めるときに受ける主な検査とは
不妊治療を始めるときに受ける事になる検査について主なものをご紹介致します。
卵子の量を調べるための「AMH検査」とは
不妊治療における検査で「AMH検査」というものについて。
超音波検査によって見えてくる症状や問題
不妊治療において必ずといってよいほど行われる「超音波検査」 そこから見えてくる症状や問題について。
不妊治療における「タイミング法」について
一般不妊治療における最も基本となるタイミング法についてご紹介致します。
不妊治療における人工授精の流れと妊娠率について
不妊治療の一つ、人工授精について、その流れと気になる妊娠率などについてご紹介致します。