気を付けたい事

40代 妊娠注意点記事一覧

日本では、晩婚化が進んでいます。そのため、出産に関しても年齢がある程度進んでからの出産が増加しています。一般的には35歳を超えると、高齢出産とも言われています。高齢出産と言うと、障害を持った赤ちゃんが生まれてきたり、難産であったり、流産をしてしまうなどの心配が付きまといます。そのため、40代になってからの出産に躊躇してしまう方もいます。しかし、障害児が生まれるリスクに対して対策をすることで、不安を...

現代の日本では晩婚化の影響から平均初産年齢が30歳を超えました。また一般的に高齢出産と呼ばれる35歳以上で妊娠出産を経験する女性も、女性の社会進出が進んだ現代では毎年増え続けています。しかし35歳以上では適齢期とされる20代から30代前半の女性に比べて妊娠出来る確率がグッと下がります。健康で生理不順などの無い女性が排卵日近くに性交渉を持った場合に妊娠する確率は1周期あたり、適齢期とされている20代...

40代での妊娠は20〜30代の若い世代の人と比較して、様々な問題が起こりやすくなります。高齢妊娠でよく心配されるのが、お腹の赤ちゃんに染色体異常や先天性異常が出ることです。人間の卵子は年齢を重ねていくと、老化していきます。老化した卵子からできた赤ちゃんは体の元になっている細胞の影響により、心身の発育に問題が生じる確率が高くなるのです。高齢出産で生まれた子にダウン症が多いのは、老化した卵子や精子が関...

40代女性の妊娠による初期症状は様々あります。初期症状は、通常、生理開始予定日の1週間前から始まることがほとんどです。しかし、同じ症状でも妊娠の週数によって変化することを覚えておきましょう。妊娠の初期症状として多いのは、眠気です。十分な睡眠時間をとっていたとしても眠くて眠くてたまらなくなるなどの症状に悩まされてしまうこともあります。これは、妊娠により黄体ホルモンの分泌が増加したことが原因です。また...

近年は女性の晩婚化が進み高齢出産をする人も増えています。ただ高齢になるほど出産も難しくなり妊娠する確率も下がってしまいますし、妊娠しても流産率も上がっていきます。妊娠初期の流産率は、29歳未満だと約7.5%、34歳までなら約8.5%、39歳までだと約13.1%だとされています。40代になると44歳までに約24.1%とかなり上がり、45歳から49歳まででは約36.6%ともっと厳しくなります。29歳未...

女性の妊娠は高齢になるほど出産へのリスクが高くなると言われていますが、その原因のひとつに妊婦高血圧症候群と呼ばれるものがあります。40歳を超えたころから起こりやすく、肥満指数であるBMIが25以上の人で発症しやすいと言われていて、文字通り血圧が上昇しやすいことから母胎や胎児に悪影響を及ぼします。妊娠20週から産後12週の間に起こるとされ、高血圧に加えて尿蛋白、血管障害、臓器障害を引き起こします。ま...

近年は晩婚化がすすみ、35歳以上、40代の妊娠、出産も珍しくなくなってきました。医学的にみると出産適齢期とされる時期は、20〜30歳代前半であるといわれているため、高齢になってからの妊娠、出産は危険が伴うことも大きいという話も聞きます。その理由は、高齢出産の場合、流産や先天性異常の発症が高くなるからです。流産を100%予防する方法はないのですが、原因は卵子の老化や胎児の先天性異常が挙げられます。ま...