40代出産 ダウン症の発症率

40代出産はダウン症の発症率が高い?

現代の日本では晩婚化の影響から平均初産年齢が30歳を超えました。

 

ダウン症

また一般的に高齢出産と呼ばれる35歳以上で妊娠出産を経験する女性も、女性の社会進出が進んだ現代では毎年増え続けています。

 

しかし35歳以上では適齢期とされる20代から30代前半の女性に比べて妊娠出来る確率がグッと下がります。

 

 

健康で生理不順などの無い女性が排卵日近くに性交渉を持った場合に妊娠する確率は1周期あたり、

 

適齢期とされている20代?30代前半の女性でも25?30%程です。

 

しかしこれが高齢出産と呼ばれ始める30代後半の女性になると10?18%に下がり、40代の女性になるとなんと5%以下になると言われています。

 

また、40代になると流産の確率も飛躍的に上がります。

 

仮に5%の中に入り無事に妊娠したとしても40歳の女性では45%が、45歳の女性ではなんと約半数の50%が妊娠を継続することが出来ず流産してしまうと言われています。

 

一般的に全妊娠のうち妊娠が継続出来ず流産してしまう確率は8?15%とされており、その数字から見ても確率は非常に高くなっていることが分かります。

 

さらに卵子の劣化などの原因から35歳以上の女性が妊娠した際、染色体異常児の生まれる確率も高くなります。

 

ダウン症とは通常2本ある21番染色体が3本になる染色体異常のことで、21番トリソミー21?トリソミーなどとも呼ばれています。

 

このダウン症に限って言いますと、30歳女性が妊娠しダウン症児を出産する確率はおよそ1000分の1で、パーセントに換算すると0.1%です

一方で40歳の女性が妊娠しダウン症児を出産する確率はおよそ100分の1で、パーセントに換算すると1%になります。

 

30歳から40歳へ年齢が10歳上がるとダウン症児を出産する確率はおよそ10倍にもなります。

 

もちろん10代や20代の女性もダウン症児を出産することがあるのですが、その確率が年齢が高くなるごとに高くなり、40代になると確率は非常に高くなるのです。

関連ページ

40代での妊娠はリスクが高い?
40代で妊娠については、高齢であることによるリスクも存在します。 そのあたりについてお伝えしたいと思います。
40代以上の出産は早産になりやすい?
40代以降での出産は「早産」なりやすいと言われます。 その理由とは、決して年齢だけが問題という事ではありません。
40代の妊娠に見られる主な初期症状
40代以上の妊娠時に、妊婦さんによく見受けられる初期症状について。
40代での妊娠における流産率について
40代での妊娠となると、どうしても年齢的なリスクから流産の心配があると思います。 果たしてその確率とはどらくらいあるものなのでしょう。
40歳以上の妊婦さんは血圧が高い?妊婦高血圧症候群とは
40代以上の女性が出産する際に考えられる注意点として、血圧が上昇する「妊婦高血圧症候群」というものがあります。 高齢出産時の血圧という観点からご紹介させていただきます。
40代での出産は帝王切開になる事が多いらしい
40代以降での出産の場合、帝王切開になる確率が上がりやすいということがあります。 加齢などを理由に骨盤が開きにくくなるといったことがその要因と言われています。 高齢出産と帝王切開は切っても切り離せない関係と言えます。