40代 出産 帝王切開

40代での出産は帝王切開になる事が多いらしい

近年は晩婚化がすすみ、35歳以上、40代の妊娠、出産も珍しくなくなってきました。

 

帝王切開

医学的にみると出産適齢期とされる時期は、20〜30歳代前半であるといわれているため、高齢になってからの妊娠、出産は危険が伴うことも大きいという話も聞きます。

 

 

 

その理由は、高齢出産の場合、流産や先天性異常の発症が高くなるからです。

 

流産を100%予防する方法はないのですが、原因は卵子の老化や胎児の先天性異常が挙げられます。

 

また、加齢が先天性異常の発症率を高め、中でも染色体以上が起こる可能性が高いといわれています。

 

その他、妊娠高血圧症候群になるリスクも高まります。

 

症状はむくみ、蛋白尿、高血圧などで、いずれか1つの症状が出現すると該当します。

 

加齢による内臓機能が低下していることや、妊娠による体の変化によって、それらの症状を発症しやすいといわれています。

 

妊娠高血圧症候群の予防は、食事や栄養指導で行うことができるので、自分でも体調管理を心掛けるようにする必要があります。

 

また、40代出産では帝王切開の確率が高まります。

 

加齢とともに、産道が硬くなり骨盤も開きにくくなることもひとつの理由です。

 

また、不妊治療により多胎児出産が多いということもあります。

 

その他、初産の場合でも逆子、多胎児、全治胎盤、子宮筋腫、妊娠中毒症など、胎児や母体に異常が確認されている場合に行われます。

 

高齢出産の場合、自然分娩を希望していても、陣痛が長引いてしまったときには、母子の安全を考えて緊急帝王切開になることも多いです。

 

その他、高齢出産で多くみられるのは、吸引分娩です。

 

自然分娩の途中でリスクを回避するための緊急手段です。

 

子宮口が開いていても胎児がなかなか降りてこないとき、母体の疲労や微弱陣痛のときなどに行われます。

 

金属やシリコン製のカップを胎児の頭に吸着させて、胎児を引き出すというものです。

 

高齢になってからの妊娠、出産には、確かにリスクは多いとも言えますが、体力づくりや体調管理をしっかりすることで、高齢でも安産になることは十分にあります。

関連ページ

40代での妊娠はリスクが高い?
40代で妊娠については、高齢であることによるリスクも存在します。 そのあたりについてお伝えしたいと思います。
40代出産はダウン症の発症率が高い?
40代での出産の場合、授かったその命がダウン症の危険にさらされるケースが少なくありません。 データをもとに、高齢出産におけるダウン症へのリスクについてご紹介致します。
40代以上の出産は早産になりやすい?
40代以降での出産は「早産」なりやすいと言われます。 その理由とは、決して年齢だけが問題という事ではありません。
40代の妊娠に見られる主な初期症状
40代以上の妊娠時に、妊婦さんによく見受けられる初期症状について。
40代での妊娠における流産率について
40代での妊娠となると、どうしても年齢的なリスクから流産の心配があると思います。 果たしてその確率とはどらくらいあるものなのでしょう。
40歳以上の妊婦さんは血圧が高い?妊婦高血圧症候群とは
40代以上の女性が出産する際に考えられる注意点として、血圧が上昇する「妊婦高血圧症候群」というものがあります。 高齢出産時の血圧という観点からご紹介させていただきます。