雑談

雑談記事一覧

最近晩婚化が進み、40代で妊娠・出産される方がたくさんいらっしゃいます。いわゆる高齢出産には若い妊婦さんと比べて、危険が伴うと言われています。例えば胎児の異常率が若干高くなったり、流産や早産率が若干高くなるなどです。しかし危険を伴う分無事に生まれてきた時の喜びは大きく、特に初めてのお子さんともなれば喜びもひとしおでしょう。最近芸能界でも晩婚化が進み、40代で妊娠・出産される方がたくさんいらっしゃい...

若い年代での妊娠よりも危険度が高いとされている高齢出産ですが、一方では妊娠することで若返ることができるとも言われています。このあたりについては、よく聞かれるのが、精神的な面でいうと、生まれたばかりの子どもが成長した時に、友達のお母さんと見比べても恥ずかしくならないような綺麗な母親でいたいという願望が強くなるからという説です。我が子のために頑張りたい母親の心理が若返り効果を生み出していて、年齢からく...

近年、晩婚志向が高まり、女性の妊娠、出産する年齢が遅くなってきています。女性でも仕事をバリバリとこなしたり、好きな趣味に没頭したりする方が増えてきたのも要因の一つです。時代とともに「女性の生き方」そのものに変化が起きているといっても良いでしょう。「結婚」に対する考えも変わってきているのかもしれません。でも、いざ、結婚してみると「赤ちゃんが欲しい」と願う女性も増えています。一般的に、高齢出産とは医学...

2人目不妊というものがありますが、こちらは1人目の時には特別困ることなく妊娠できていたのに2人目の子作りを行なおうとした際に不妊に悩まされてしまう状態のことを指します。現在は、昔と違い初産の年齢が上昇傾向にあります。そのため、2人目以降の妊娠期がある程度「高齢出産」に該当することは珍しくないものとなりました。そのような時代背景もあり、2人目不妊に悩まされるカップルは増加傾向出ある事はごく自然な事か...

流産の多くは、乱暴な言い方かもしれませんが、そもそも妊娠出来ていなかった状態と受け取った方が良いかもしれません。基本的に流産は、染色体の異常等によって、胚が育つ力が準備できていないから起こると考えられます。さらに、原因が明確でない「習慣流産」に対して、プロゲステロンやアスピリン、ヘパリンなどを投与する事に有効性がない事も証明されています。そもそも、流産の原因がどこにあるか検査を行っても、真の原因が...

人工妊娠中絶手術と聞くと、多くの方は若い女性に多い印象をもたれるのではないでしょうか。この中絶手術ですが、実は日本国内においては、年間で約20万件にも上るのだそうです。※自然妊娠中絶(流産)は除く実際、中絶手術を行う女性の多くは20代前半であり、未婚で予期せぬ妊娠であることなどがその理由としてあります。経済的な問題や自身のライフスタイルなどもあるようですが、「できちゃった婚」と皆がなる訳ではありま...