45歳以上 妊娠 奇跡

45歳以上での妊娠は奇跡?

近年、晩婚志向が高まり、女性の妊娠、出産する年齢が遅くなってきています。

 

45歳以上での妊娠は奇跡

女性でも仕事をバリバリとこなしたり、好きな趣味に没頭したりする方が増えてきたのも要因の一つです。

 

時代とともに「女性の生き方」そのものに変化が起きているといっても良いでしょう。

 

 

「結婚」に対する考えも変わってきているのかもしれません。

 

でも、いざ、結婚してみると「赤ちゃんが欲しい」と願う女性も増えています。

 

一般的に、高齢出産とは医学上、女性が40歳以上で出産することを言います。

 

つまり、45歳以上で初めて妊娠、出産される方は高齢出産にあたるのです。

 

年齢別に妊娠する確率で見てみると、40代での自然に子供を授かるの確率は、何と1%となっています。

 

100人中2、3人といったぐらいでしょう。

 

原因としては、主に卵子の老化によるものと考えられています。

 

卵巣内の卵母細胞数が37歳から42歳にかけて急激なスピードで減少し、卵子の数は10分の一程度になるのです。

 

つまり、45歳以上で自然妊娠ができるか否かと言ったら、それは奇跡と言えるのかもしれません。

 

しかし、その場合気を付けなければいけないのが流産です。

 

奇跡的に妊娠できたとしても、45歳以上の方では流産する確率も多いのです。

 

また、ダウン症などの先天性異常を持つ赤ちゃんを授かりやすいといったリスクもあります。

 

さらには、高齢であるがゆえに、妊娠中毒症や妊娠糖尿病など母体にも影響を及ぼすこともあるのです。

 

何かとリスクが多いので注意が必要とです。

 

しかし、「どうしても子供が欲しい」と願う女性が多いのも事実です。

 

そういった場合、自然に子供を授からない場合には不妊治療を行うこともおすすめです。

 

排卵誘発剤を使用したり、タイミング療法を用いたりとその人それぞれに合った方法があるので、産婦人科医と相談しながら進めていきましょう。

 

「奇跡」と呼ばれる妊娠ですが、誰にでもチャンスはあるものです。

 

女性として生まれたならば、我が子をその手で抱きたいと思うのは自然なことです。

 

あなたが奇跡を起こす可能性もないわけではありませんので、パートナーともしっかり相談の上、子づくりに挑戦してみるということも良いことなのではないでしょうか。

関連ページ

40代で妊娠・出産した芸能人
40代に入ってから妊娠〜出産を経験している芸能人の方も、実はそれなりにいらっしゃいます。 そこで、高齢出産と言われた芸能人についてご紹介してみたと思います。
高齢出産すると若返る説って本当?
いわゆる40代以上の女性による「高齢出産」では、妊婦さんが若返るという説が以前からあります。 なぜそのような話が出ているか? とても気になりますね。
2人目不妊とは?その治療への心構えについて
40代以上の女性に限らず、2人目不妊に悩まされるカップルは少なくありません。 そのような時の心構えなどについてもお伝えしてみたいと思います。
流産した場合はその原因について検査を受けた方が良い?
流産についてですが、もしそのような事態が起きた場合、その原因を明らかにするために検査を受けるべきかどうか気になる方も少なくないと思います。 果たして流産した場合に検査を受けておくべきなのか?
【意外な事実】40代での妊娠中絶手術が増加している
妊娠中絶と聞くと若い女性をイメージしてしまいますが、意外なことに40代女性の人口中絶が増加しています。 その理由とは?